現地周辺の街並み

現地周辺の街並み
(徒歩14分/約1,080m)

連雀通りを一歩奥へ入ると、心地よい木々のそよめきが聞こえてきた。

A QUIET RESIDENTIAL AREA穏やかな住まい

森の懐、
静けさに抱かれし地。
この地が叶える、
豊潤なる暮らしがある。

「三鷹」駅周辺の賑わいを抜けた先、連雀通りの一歩奥。
静けさと安心感、そして開放感―住み継ぐべき環境があるからこそ、
この地は〈井の頭公園の森 継承プロジェクト〉の舞台に選ばれた。

喧騒を離れ、
静かに暮らしたい

静けさが日常を、豊かなものに。
本の世界に浸りながら
時折、木々のそよめきに
耳を澄ます。

image photo

image photo

安心して暮らしたい

子どもたちを日々安心して
送り出すことのできるこの街は、
大人たちにも優しい街だと思う。

image photo

image photo

広い空の下、
伸びやかに暮らしたい

太陽の光、心地よい風、広い空。
当たり前にあるもののようで、
全てを兼ね備えた場所は
そう多くはない。

現地:東方面5階相当からの眺望

現地:東方面5階相当からの眺望(2018年6月撮影)

現地周辺の街並み

その想いを叶える地が、
ここに—。

現地周辺の街並み(徒歩14分/約1,080m)

住まうための環境が護られた、住居系地域。

用途地域において、住居の環境を護るために定められた「第一種住居地域」に属す現地。
大規模な店舗や工場、パチンコ・カラオケ店等の遊戯施設などは建てられず、
閑静な住環境が期待できる。

現地周辺の街並み

現地周辺の街並み(徒歩14分/約1,080m)

用途地域概念図

用途地域概念図

大通りの一歩奥、
閑静な住宅街。

連雀通りの一歩奥、大通りに面さない立地に誕生する本プロジェクト。大通り沿いに比べて車による騒音の影響を受けにくく、落ち着いた暮らしが期待できる。

敷地配置・周辺イメージイラスト

敷地配置・周辺イメージイラスト

低層の街並が生み出す、開放感。

現地東側には広がるのは、第一種低層住居専用地域の街並。
建物の高さが10mまでに制限されているため、
豊かな光と風、広い空を感じながら暮らすことができる。

現地周辺北側断面イメージイラスト

現地周辺北側断面イメージイラスト

現地周辺の街並み

現地:東方面5階相当からの眺望(2018年6月撮影)

小学校まで
大通りを渡ることなく
徒歩4分。
安全安心の通学路。

TV番組などでコメンテーターを務める石川教育研究所代表の石川先生にうかがいました。

小学校まで大通りを渡ることなく徒歩4分。

建設地から小学校まで約320m。幼稚園や保育園も近くに揃う。第一中学校まで約1,120m。

子どもの安全・安心だけでなく、
親にとっても利点があります。

「小学生の行動範囲はだいたい半径500mほど。この範囲内に小学校や遊び場が揃っていること、そしてそこまでのルートが大通りを渡らないなど安全であることが理想的です」

「通学時間が減るので、子どもがやりたいこと、親がやらせたいことに割く時間が多く取れます。だから学校が近いと子どもの可能性が広がるとも言えます。また、親にも良い点があります。今の学校は親の出番がとても多くなり、学校の行事に関わることが増えています。学校が近いとこうしたことに参加しやすくなり、親子のコミュニケーションが活発になります。」

現地周辺北側断面イメージイラスト
石川教育研究所 代表 石川幸夫氏

40年の教育活動で培った理論や指導は、研修を通して4万名を超える公立の先生、塾講師、幼保の先生に伝えられた。様々な子育てテーマでTVのコメンテーターも務める。